クレカがあれば何かと便利

クレカがあれば何かと便利

カードを一枚持っていれば、給料日前で懐が寂しい時でもショッピングができ、キャッシングで現金を引き出すこともできるわけですが、この二つの利用限度額はどのように構成されているのでしょうか。

 

同じカード内でキャッシングとショッピングをする場合、利用限度額は一緒にくくられています。つまり利用限度額が30万円と設定されていた場合、キャッシングとショッピング合わせて30万円を超えることはできませんよということです。双方30ずつ、合わせて60万円利用できるということではありませんので注意しましょう。

 

また、この限度額の中でたいていの場合、キャッシングの利用金額が低くなるように最初は設定されています。つまり30万円のうち20万円がショッピング、10万円がキャッシングという感じです。そしてショッピングで30万円使うことも可能です。

 

なぜこうなっているかというと、やはり店舗で買い物をするのにカードを使った時の方が、利用目的がしっかりしているのでカード会社側も安心できるということがあります。

 

ただしこの利用限度額の比率の設定は変更することもできますので、利用できる総額を引き上げたい時や、キャッシングの方に重きを置きたい場合など、自分の利用方法に合わせて調節するのが賢いカードの使い方です。