借金の色々な整理法

借金の色々な整理法

債務整理とは、借金を抱えて悩んでいる人の借金を法的に見直し、今後の生活に無理の無い額まで、月々の支払いや利息を減らしてもらい、人生を再スタートさせるための方法です。

 

債務整理の方法は主に3つあり、借金の金額、月々の支払いの金額を減らすことのできる任意整理、返済が困難なことを裁判所で認めてもらい、3年間分割で返していく民事再生、返済の必要が無くなる自己破産などがあります。

 

任意整理は、今後の金利が無くなり、過払い金が場合によっては戻ることもあります。民事再生は、返済額を大幅に減らすことができます。自己破産は、戸籍に残ることもなく、仕事や就職などにも影響がありません。また、家族に保証人が居なければ、影響が出ません。
任意整理を進めるデメリット

 

家や、家財、財産は失うことになりますが、今後収入があった場合は、通常通り生活費として使用することができます。3つとも依頼後は、支払いや取立てを止めることができます。

 

借金を減らし、今後完済を目指す場合、家や家財などを失いたくないけど何とかしたい場合、家などを失っても借金を完全に無くしたい場合など、自分はどれに当てはまるのかを良く見極め、自分に合った債務整理の方法を依頼することが大切です。